樹の子保育園ブログ

TOP>ブログ一覧>2020年4月1日、樹の子保育園が1歳になりました。

お知らせ

2020年4月1日、樹の子保育園が1歳になりました。


とってもお久しぶりなブログ更新となってしまいました。

樹の子保育園園長の伊藤です。

樹の子保育園にとって初めての年度末、初めてのお誕生日でしたが、そのお祝いもどこへやら、忙しさの風に吹かれてぴゅーんとあっという間に過ぎてしまったように感じます。「樹の子ちゃん」の誕生日。盛大にお祝いできなくてごめんね…。

さて、新年度が始まった樹の子保育園には新しい職員・お友だちが加わり、ますますにぎやかになりました。
開園したあの日をしみじみと思い出し、新しいお友だちがすんなりと園に加わっている姿に「あぁ、去年開園したあの日に大泣きしていたあの子たちが、今年入ってきてくれたお友だちを包み込んでくれているんだ…」とそんな感動を覚えました。


そこへやってくるのが新型コロナウイルスというやつです。
当園でも入園式は取りやめとなり、来月に別の形式で持ち越されることとなりました。
また先週は緊急事態宣言も発出され、当園でも子どもたちの命を守るため登園自粛のお願いへと舵をきっています。毎日登園する子どもたちは数人、保育者も通常6名ほどいるところを2名体制での保育へと縮小しました。

それもこれも、5月7日のゴールデンウィーク明けにみんなと笑顔で元気に保育園に集まるため…。
私たち自身寂しい思いもあります。そして、とっても悔しくもあるんです。だから、みんなに笑顔で「おはよう」と手を振る日が来るまで、って未来の姿を思い描きながら、一日いちにち、小さく保育園を運営しています。

そして、保護者の方々がお仕事をお休みなさったり、テレワークに切り替えたりなさりながら家庭内保育を行っていらっしゃることに、本当に本当に頭の下がる思いです。長い在宅時間のなかで、きっと大変なことが山のようにあるのだと思います。だからこそ、私たちから自粛のお願いをするだけではなく、今だからこそ届けられるものを、ご家族と子どもたちに届けていきたいのです。
子育ての、つらいもしんどいも楽しいも嬉しいも一緒に分かち合う、それも私たちの役目だと考えています。

そこで、当園で始めた3つのことをご紹介します。

===========
■zoomでおはようの会
園では、朝おやつの前に手遊びをしたり、園児一人ひとりの名前を呼んだりと小さなおはようの会を実施しています。お休みいただいている子どもたちと登園している子どもたち、そして私たちとがオンライン上で繋がりみんなと顔を合わせることのできる時間になれば、きっとお休み中も樹の子から分断されてしまったたような気持ちになることはないのでは。子どもたちの生活リズムが崩れてしまうことのないように、という願いもあり、毎日朝9時半より実施しています。
園に来ることはできないけれど、いつも樹の子はここに在るからね。そんな気持ちです。

■おうちで工作キットの送付
お子さまとの時間を楽しむ一助になればと考え、子どもたちと一緒に制作できるキットをご家庭へと送付させていただいています。発送日はナイショ。いつ届くかな〜と楽しみに待っていてほしいのです。
緊急事態宣言が解除されて、これまで通り保育園がみんなと集える場所になったら、園に完成作品をお持ちいただくことにしています。子どもたちの元気な笑顔とともにその作品を見ることができる日が今から待ち遠しいです。その待ち遠しさがあるから、この期間を頑張れるような気がするんです。

■保護者の皆さまとのやりとり方法の拡大
保護者の皆さまとのやりとりは私たち職員にとってもとても実りのある時間であり、欠かすことのできないものだと捉えています。だからこそ、登園自粛の要請後、まったくと言っていいほどやりとりができていないことに、大きなもどかしさを感じていました。
このような気持ちから、お休みいただいている場合でもこちらから園で導入しているICTシステムを通じて、またご希望いただける場合はオンライン上でのビデオ通話を通じて保護者の皆さまとお話しできる時間を作らせていただこうとしています。
「遊びのネタが尽きた!」「靴下履けるようになったんです!」どんなに些細に思えることでも、くだらないかなと思うことでも、私たちにとってはそうやってお話ししてくださることが何よりの喜び。成長の姿も戸惑いも、ぜひ私たちに聞かせてほしいのです。

===========

「とにかく今すぐやり始めよう!」という想いで始まったので、至らないところもまだまだたくさん。だけど何より、今すぐに動き出すことが大事だと思っています。保育者の発案と「やりたい!」の気持ちから始動したこれらの試み。
わくわくしながら楽しそうに挑戦している職員の姿を見て、私も負けていられないなぁと本当に大きなパワーをもらっています。ありがとうの気持ちでいっぱいです。

こんな駆け出しの新年度、樹の子ちゃん1歳0ヶ月ですが、まだまだむくむく成長していきたいものですね。

▲赤坂緑地にて、アリさんを見つけた子どもたち。

pick-up

お知らせ

私たちの仲間になってくれる方を募集します!【アルバイト・パ…

私たちの仲間になってくれる方を募集します!【ア…

こんにちは、樹の子保育園の伊藤です。 株式会社はぐくみプラスの企業主導型保育園事業として2019年に開園してから、はや2年が経とうとしています。 開園したばかりでまだまだ満足とは言えない状況の樹の子保育園。でもそんななか […]