食育について

食べ物の先に、
人を感じられる食育を。

食べることに楽しみを見出し、
食材への感謝の心をはぐくむ
食育を目指します。
だからこそ、食材の仕入れ先は
できるかぎり
“顔が見えること”に
こだわっています。
野菜の栽培や農業体験などの
季節の食育体験を通じて、
子どもたちの新しい発見も促します。

point1

生産者の“顔”が
みえる食材を

食事への感謝の気持ちを持ってほしい。だからこそ、野菜やお米はもちろん、食器などの食事に関わるものはできる限り、地元で作られている“生産者の顔”が見えるものを選びます。

point2

調理の工程も、
食育のひとつ

毎日の食事は、園内のキッチンで愛情を込めて手作りしています。だからこそ、調理の工程ひとつひとつが子どもたちからも見えることも大切に。調理の工程も、大切な食育のひとつです。

point3

季節ごとの
食育体験

食への興味を自然と持てるように、いもほり体験や野菜の栽培、かがみ開きなど季節に合わせた体験を予定しています。自分が関わった野菜のおいしさは、忘れられない味になること間違いなし。

point4

イベントメニュー

七夕やクリスマスなど、季節の行事にちなんだ献立も。子どもたちの笑顔が広がる時間です。

point5

手作りおやつ

おやつの時間には、にんじんゼリーやほうれん草クッキーなど、園で手作りしたおやつを提供しています。